おまとめローンは銀行系カードローンなら低金利で借金を一本化できます

おまとめローンは銀行系カードローンを比較し借り換えて一本化できます

早期にまとめて借り換え、借金を返済しましょう!

おまとめローンについて

 おまとめローンとは、複数の他社からの借入を一本化する目的のローンですが、おまとめローンという名称で商品化されているのは、東京スター銀行などごく一部で、銀行や銀行系の会社が発行するカードローンを、まとめるために利用しているのが実情で、現在の借入金利と比較して低金利であれば借金の返済が早く完了します。多くの銀行系カードローンは契約限度額によって、異なる金利が設定されています。

 主なメリットとして大きいのが金利手数料の軽減です。複数社に借り入れを分けているということは、「分けている会社の数×金利手数料」がどうしても発生してきますよね?この「おまとめローン」で借り換えて借金を一本化することで、返済管理を行いやすくすることができます。さらに、各社にかかってくる無駄な支払い・利息などを極力防ぐことかできます。この2点が大きなメリットになっています。

おまとめローンを利用する前に考えておくべき事

 おまとめローンはとても便利なローンです。複数のローンを一本にまとめることで返済日を1日に集約することができ、1社当たりの借入金額が増すことで金利を低く抑えることもできます。そのような便利なローンですが、利用する前に何点か考えておかなければならないことがあります。まず、現在の借入金額がいくらであるかを正確に把握しなければなりません。一本化することができると思っていたのに融資額が足りなかったりすれば、後から困ることになりかねません。おまとめローンを利用するのなら、まず現時点での借入金額を把握し、本当にこれで一本化することができるのかどうか確かめてみましょう。

 一本化できたなら、借り入れ後に十分返済することができるのかシミュレーションをしてみましょう。なんとなくこれくらいなら返済することができるだろうという安易な姿勢で利用するべきではありません。なぜおまとめをするのか目的をはっきりさせ、借り入れ後のシミュレーションをきちんと行えば、失敗したと後悔することもないはずです。

 注意しなければならないのが、簡単におまとめできるからとあまり知らない金融業者から融資を受けることです。もしかしたら、それは悪徳業者かもしれません。利用する前に、そのサービスが銀行系など信頼できる金融機関なのかきちんと調べてから利用しましょう。ここなら安心と思える業者を見つけたなら、借り入れ条件などをしっかり把握し完済を目指しましょう。返済が楽になったからといって気を抜かないことが大切です。

銀行おまとめローンの紹介

(1)ソニー銀行カードローン

 24時間いつでも、PC・スマホから口座が無くても申し込みができます。

 業界最低水準の2.5%~13.8%との安心の低金利で、最高限度額800万円。月々の返済日を選べて、返済手数料0円!おまとめローンに最適です。

(2)三井住友銀行カードローン

 最高800万円まで、金利年4.0%~14.5%(変動金利)と低金利が魅力。

 審査は最短約30分です。

 ご利用は三井住友銀行のATM、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM等で利用いただけます。

 三井住友銀行に口座のない方でもお申し込みいただけます。

(3)みずほ銀行カードローン

 みずほ銀行が提供するカードローンです。

金利は年3.5%~7.0%(エグゼクティブプラン)、年4.0%~14.0%(コンフォートプラン)と銀行カードローンの中でも低金利です。

最短即日利用が可能で便利なカードローンです。

最大ご利用限度額は、ゆとりの1,000万円でおまとめローンにも最適です。

(4)オリックス銀行カードローン

 オリックス銀行が発行しているカードローンです。金利は3.0%~17.8%で、借入限度額が高ければ高いほど低金利で借り入れが可能です。利用限度額は最高800万円なので借り換えでローンをまとめる時にも利用されています。

 提携ATMは全国各地に約95,000台以上あり、終日無料にて利用できます。

 また、来店不要で申し込みができ、口座開設も不要なので自宅にいながら契約が終結します。

(5)住信SBIネット銀行 ネットローン

 住信SBIネット銀行のネットで申込みができる、他社の借換えなどにも対応可能なローンです。

 プレミアムコースのお借入金利は年率1.89%~7.99%と他社と比較してかなり低金利に抑えられています。

 使い道は原則自由なので、おまとめの他、自動車購入やブライダル費用などにも充当可能です。

(6)りそな「プレミアムカードローン」

 りそな銀行が発行しているカードローンです。

契約時までに、りそな銀行の口座を開設し発行されるキャッシュカードで利用するカードローンです。

金利は3.5%~12.475%で、利用限度額は最大800万円です。事業性資金以外であれば用途は自由なのでおまとめローンとしての利用も可能です。

銀行おまとめローン申込み時の注意事項

おまとめローンの申込時に注意すべき点をまとめましたので参考にして下さい。

  • ・年収の入力は正確な数字を記載するようにしましょう。
  • ・過去6ヵ月以内に3社以上ローンの申込をした方は審査に通らない場合があります。
  • ・他社で借りているローンを延滞中の方は審査に通りません。

尚、上記の注意事項は全ての金融機関に当てはまるものではありません。

銀行おまとめローンの比較一覧表その1

  実質年率  借入限度額   審査期間
ソニー銀行
カードローン
 2.5~13.8%  最大800万円  最短で即日
三井住友銀行カードローン  4.0~14.5%  800万円  最短で約30分
みずほ銀行カードローン  3.5~7.0%(エグゼクティブプラン)
 4.0~14.0%(コンフォートプラン)
 最大1,000万円  最短で即日
住信SBIネット銀行
ネットローン
 1.89~7.99%  1,000万円  仮審査は営業日の場合で数時間
オリックス銀行
カードローン
 3.0~17.8%  最高800万円  最短で即日
りそな
プレミアムカードローン
 3.5~12.475%  最大800万円  最短で即日

(7)三井住友カードゴールドローン

 VISAカードでお馴染の三井住友カード株式会社が発行しているカードローンです。

 借入金利は年率3.5%~最大でも9.8%と低金利に設定されているので、おまとめに効果的です。

 長い期間借入を継続することで金利が最大1.2%引き下げられるシステムです。

(8)じぶん銀行カードローン

 じぶん銀行のカードローンは、おまとめローンは勿論の事、他社からの乗り換えに最適なカードローンです。300万円まで収入証明不要です。

 じぶん銀行の口座がなくても申し込みは簡単に自宅に居ながら完了します。様々な条件を満たしますと金利が1.9%~と安心の低金利。毎月の返済がなんと1,000円からOK!

 返済の期日も「35日ごと返済」と「期日指定返済」から選べます。特にauユーザーはお得がいっぱいです。

(9)スルガ銀行 リザーブドプラン

 スルガ銀行の口座がなくても申し込みが可能なおまとめローンにも適したリザーブドプランです。

 金利は3.9%~14.9%で借入限度額は最大800万円まで。原則500万円までは収入証明が不要です。

 平日8:30~19:00の申し込みなら最短60秒で仮審査結果がわかり、12時までに契約が完了すると即日融資が可能です。毎月3,000円からの計画的な返済ができます。

(10)しずぎんフリーローン

 しずぎんフリーローンは静岡銀行の商品です。他社で借入しているローンをまとめて一本化する目的での利用も可能です。

 借入金利は4.5%~14.5%の6段階に設定されています。利用限度額は最大で500万円で、本人確認書類や収入証明書の提出が不要です。主婦やアルバイトの方の申し込みも可能です。

 公式サイトから、5秒で結果の出る仮審査を受けることができます。

(11)イオン銀行カードローンBIG

 イオン銀行が発行しているカードローンです。

 金利は3.8%~13.8%で、借入限度額が300万円までは収入を証明する書類の提出が原則不要です。限度額90万円以下の場合の金利の低さも特徴です。

 おまとめ・借換えに特化したイオン銀行おまとめローン(イオンアシストプラン)も人気です。

(12)ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

 金利は2.5%~18%で、カードローンをまとめる金額が多くなるほど金利が低くなります。

 また返済日はご契約時に指定できます。平日9時~14時までの受付で300万円までの融資ならば即日最短60分で借り入れが可能です。

(13)東京スター銀行おまとめローン

 東京スター銀行が借り換え一本化を目的に商品化したおまとめローンです。

 お借り入れ利率は年率5.8%~14.8%です。

 不動産を担保にした目的自由のローン「スター不動産担保ローン」もオススメです。

 直近で複数社にローンのお申込を頂いている方は、審査に通りづらくなる場合があります。

銀行おまとめローンの比較一覧表その2

  実質年率  借入限度額   審査期間
三井住友カード
ゴールドローン
 3.5~9.8%  700万円  最短で即日
東京スター銀行
おまとめローン
 5.8~14.8%  1,000万円  約10日程度
じぶん銀行カードローン  2.4~17.5%  最大800万円  最短で即日
スルガ銀行
リザーブドプラン
 3.9~14.9%  最大800万円  昼12時まで契約完了で
即日融資が可能
しずぎんフリーローン  4.5~14.5%  500万円  仮審査は5秒
イオン銀行カードローン
カードローンBIG
 3.8%~13.8%  800万円  1カ月程度
(※口座が無い場合)
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
おまとめローン
 5.8~14.8%  1,000万円  約10日程度

銀行系のおまとめローンとしては次のようなサービスがあります。

プロミス

 「プロミス」は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が展開しています。実質年率は4.5%~17.8%です。

 詳しくは「プロミス」公式サイトをご覧ください。

※30日間無利息は「メールアドレス登録とWeb明細利用の登録」が必要です。

三井住友銀行グループのモビット

 三井住友銀行グループのモビットは個人向け無担保ローンです。金利は3.0%~18.0%です。

 詳しくは「モビット」公式サイトをご覧ください。

銀行おまとめローンの審査に通らない場合は?

 銀行おまとめローンの審査に通らなかった場合や融資金額が低い査定になってしまったときなど、下記の融資会社で相談に乗ってもらえるケースがありますので参考にして下さい。

 中央リテール株式会社のおまとめローンです。

 金利は10.95%~13.0%で、融資額は最大で500万円です。

銀行おまとめローンについて

 銀行が直接扱うカードローンは知名度の高い銀行のキャッシングローンということもあり、安心感があります。また、金利が3.0%~18.0%(借入額により異なる)と比較的低く、限度額も最大1,000万円という銀行もありますので、利便性に優れています。審査期間に関しても最短即日というところもあります。審査基準も銀行ごとで異なりますが、安定した収入があれば借り入れの対象になるのですが、正社員というイメージがありますよね?しかし、勤務形態は関係なくパート・アルバイトでも借り入れられるのが最大の特徴です。提出書類に関しては、300万円以下の借り入れであれば、収入証明の提出も必要がないところもあります。来店不要、保証人不要で契約が完了することや、24時間いつでも申し込みができるということから忙しい現代人にはピッタリですね。月々の返済方法も身近なコンビに設置してあるATMで簡単に支払えます。

 上記のことからもわかるように、大手銀行が行っているおまとめローンということで、安定した環境であったり、安心感や信頼度は高いですね。本当に今のローンが金利が減るか半信半疑の方は、簡単な入力方法でシミュレーションが可能ですので各銀行のホームページでお試しください。早い段階で今あるローンをまとめることが、返済期間が短くなり返済額が減る状況になりますので、借金の一本化の検討をお考えでしたら、早期の手続きをすることが賢明といえるでしょう。

おまとめローン利用者の体験談その1

 私は消費者金融や銀行系カードローンなど数件で合計200万円の借金がありました。返済日がどれも異なるので、返済の管理が大変でした。遅れてしまったら延滞金が発生しますし、信用情報にもかかわることなので、いつも返済日が頭のどこかにあって、お金のことに関してはすっきりした気分ではなく、常にストレスになっていました。

 しかし、おまとめローンで借り換えて返済を一本化するという方法があることを知っていろいろ調べたりして自分なりに比較研究しました。その結果、いくつもの借り入れがあるものを一つのローンとしてまとめたほうが、毎月の支払の負担がだいぶ軽くなるということに気が付きました。おまとめローンを利用する金融機関からの借り入れ合計金額は、当然ですがいくつかあるローンを一つにまとめる訳ですから大きな額になります。しかし、ローンというのは一般的に借入金額が大きくなるほど低金利になりますから、結論としては、金利の負担が軽減するために、毎月のローン返済額は多くの場合減ることになります。

 (30代:男性)

おまとめローン利用者の体験談その2

 パチンコが好きで20代の頃から雑誌を購入するほどのめり込みました。そんなある日、前日から気になっていた台に開店から5万円投入しましたが出ず...。しかしここで移動してその後に座った人が直ぐに出たらと思ったら、その台から離れる事ができず。お金をおろしてきてその台に膨大なお金を投入しました。しかしその日は巻き返すことができず、負けたので閉店と共に帰宅。。。翌日気になって今日こそ出るだろうという核心のもとまた懲りずにパチンコ屋へ行く日々が続きました。

 こんな日々を続けること半年で貯金はゼロになってしまし、とにかく借りられる消費者金融に手当たり次第借りることが多くなりました。給料は生活費の他全ては毎月返済にまわしますが、ほぼ金利を支払っていて、返済が進むという情況では正直ありませんでしたね。しかし、そんなことよりも、パチンコのことで頭がいっぱいでした。今となっては完全にギャンブル依存症でしたね。

 そんなある日、パチンコで知り合った方におまとめローンというのがあると言うのを聞いて驚きました。というのもその彼は完全に私よりもっとギャンブルにハマッていて、競馬や競艇等様々な賭け事にお金を費やし、返済する機関が複数ありすぎて全体の借金を把握するのが困難になっていたそうです。そこで返済する金融機関を比較して一本化することだけでも返済のストレスが減ったことや、全体の借入れている金額を知ることができたというのでそれを聞いて直ぐに調べ、私も一箇所にローンをまとめることにしました。出会いというのは面白いですね。パチンコ店で出会った彼から聞かなければこのまま複数借入れていたと思います。金利も全体的に以前より下がったので本当に良かったです。

 (40代:男性)

おまとめローンについてのQ&A

 ローンの借り入れを何ヶ所からかしている場合、それらを借り換えて一本化することで返済を楽にできます。「おまとめローンについてのQ&A」をまとめてみましたので参考にしてください。

Q1.どういったローンをまとめられるのですか?

A1.銀行カードローンや消費者金融のローン、さらにはクレジットカードについているキャッシング枠のローンなどが主に対象となります。おまとめローンの商品によってはクレジットカードの割賦残額や信販会社へ支払っているローン残額も含めてまとめることができる場合もあります。扱いは金融機関によって異なるので相談してみましょう。

Q2.おまとめローンの金利はどのくらいですか?

A2.同じ金額のおまとめローンの契約だとしても、金融機関によってその金利は若干異なります。借入金額が大きくなればなるほど低金利になるのはどこも一緒です。500万円以上でおまとめローンを組むことができる金融機関もあります。大口契約ともなると、金利は数パーセントとなります。

Q3.審査基準はどのようになっていますか?

A3.基本的には通常のローンの審査とほぼ同じです。現状で数件の借入れがあって、それを滞りなくなく返済できていて、定職について収入があるのであれば、支払い能力があると判断されます。確認のために収入証明の提出を求められる場合がほとんどですが、しっかりとした収入があることを証明するためのものですから、それさえ提出できれば審査に通る可能性は比較的高いです。支払金額合計は複数のローンを払っている現状よりも少なくなり、借金の返済期間も短くなります。